デコパージュについて

デコパージュとはフランス語で、切り抜く、切り裂くなどと言う意味です。
紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って物の表面を飾り、コーティング剤を塗り重ねていく工芸です。
18世紀中頃、ヨーロッパで広まり、フランス上流階級の婦人の間で流行しました。
20世紀に入ってからは、アメリカで男女に関係なく手軽に楽しめるホビーとして大流行し、日本でも人気が出てきたものです。

--------------------------------------------------------------------------

デコパージュの素材

ベース
木材・石・ろうそく・ガラス・陶器・卵・プラスチック・貝殻・金属・タイル・布・・・など
貼るもの
印刷されている絵・写真・雑誌・カレンダー・和紙・布・・・など

--------------------------------------------------------------------------

デコパージュの技法

技  法  名
             説      明
 基 本 の 技 法
土台になる素材にアクリル絵の具で着色します
 木 目 出 し
木目をそのまま出す技法
 ル プ ゼ
プリントの裏側に粘土を入れて、浮き彫りのように見せる技法
 クラックル
作品にひび割れを入れ、アンティークに見せる技法
 転   写
特殊な液剤を塗り、紙をビニール状にする技法
 オーバーグラス
ガラス・陶器の表面に着色し、プリントを貼って仕上げる技法
 アンダーグラス
ガラスの内側からプリントを貼る技法
 ステンドグラス風
ステンドクラス風に見えるように仕上げる技法
 エアルームブック
本を固めたところにプリントを貼る技法
 マーブリング
大理石に見せる技法
 金 箔 貼 り
洋金箔・色箔・本金箔などを使う技法
 エッグアート
チキン・グース、オストリッチなどの卵をカットし、装飾する技法
 3 − D
同柄のプリントを数枚使ってカットし、立体的に重ねていく技法でシャドーボックスともいいます

このほかにもたくさんの技法がありますが、素材やプリントなどによりそれに合う技法を用います。

---------------------------------------------------------------------------

 

デコパージュで使用する用具と液剤類など

 

No.      名  称             使  用  目  的
1
ジェッソ
素材の下地を整えるために使用します。
2
アクリル絵の具
素材の色付けに使用します。
(商品名 セラムコート、アメリカーナなど。 
ここで紹介しているのはボトルタイプですが、チューブタイプの絵の具でもよいです。)
3 木工用ボンド プリントを素材に貼るときに使用します
4 シーラー プリントに塗る液剤。 紫外線からプリントを保護します。
5 シーラー筆洗液 シーラーの筆洗い液。
シーラーとシーラー筆洗液はペアで、同メーカーのものをお使いください。
6 水性コーティング剤 作品の表面を保護するために使用します。
グロスタイプとマットタイプがあります。
(商品名 ニューサンフィニッシュ、トップコートなど)
7   〃 厚塗りをして、プリントと素材の段差をなくすウェットサンディングをする時に使用するニスです。
 (商品名 ボレア)    中級者向き
8
転 写 液

紙をビニール状にする時に使用します。
(商品名 デカルイット、ハルトランスファーが黄変しにくいのでお薦め )

9
 筆  類
シーラー、絵の具、コーティング用。必ず用途別にします。
10 ローラー(ブレイヤー) プリントを貼るときに使用します
11
皿(パレット)
アクリル絵の具を使うときに使用します。
(少量使うときは、牛乳パックが使い捨てできて便利です)
12
サンドペーパー
ウッドを磨くのに使用します。(#150 、220、 320、 400 など)
13
サンディングブロック
サンドペーパーを貼ると効率的な作業が出来ます
14
プラーク(板)などの素材
木製などの素材。 ここに色をつけてプリントを貼ります。
15
プリント
デコパージュ用プリントの他、カード類 、ポスター、便箋など印刷された紙類。
16
はさみ
紙をカットする時に使用。
17
カッターナイフ
デザインナイフは細かいカットをするときに使用。
18
ピンセット
細かく切ったプリントを貼るときにあると便利。
19
カッティングマット
カッターナイフで紙をカットするときに使用。

  その他ウェットティッシュ、水入れなどを用意します。


このページの使用する用具や液剤などは、私がいつも使用していて使いやすいものを掲載しています。
皆様の参考までに紹介していますが、使い慣れたものが良いと思います。

技法名も紹介していますが、詳細をご質問いただいてもお答えすることは出来ません。
ご自身のお教室の先生、販売店などにお問い合わせください。
ご了承の上、このサイトをご利用ください。

 

Top Pageへ戻る